中性脂肪とコレステロールは違うもの

中性脂肪とコレステロールは違うもの

中性脂肪とコレステロール、両方とも耳にする機会は多いと思います。
どちらもあまりいいイメージがないかもしれないが実は、身体を健康に維持する為には必要なものなのです。
ただ、貯まりすぎると害になる為、注意しなくてはならないものでもあります。
中性脂肪は、別名トリグリセリドともいいます。脂肪細胞の中に貯えられており、必要に応じて脂肪酸になりエネルギーとして使われます。取りすぎると体脂肪として蓄えられてしまう為、肥満の原因にもなります。
コレステロールは、細胞膜の構成成分で、ステロイドホルモンの材料、胆汁酸の材料にもなります。肝臓のコレステロールを身体全体に運ぶ役割のLDL(悪玉)と、体内の血管壁に溜まったコレステロールを肝臓に運ぶHDL(善玉)があります。
中性脂肪とコレステロールは違うものですが、関係性があり血液中の中性脂肪が増えると、HDL(善玉)が減少し、LDL(悪玉)が増加します。中性脂肪が増えすぎて、LDL(悪玉)が増加すると、血管壁に溜まり、動脈硬化の原因になります。
近年、食事の欧米化により若年層でも中性脂肪が多く、コレステロール値が多い人が増えています。肥満だけでなく、様々な生活習慣病の原因になるので、注意が必要です。


このページの先頭へ戻る