血中コレステロールが高い!LDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリメント

血中コレステロールが高い!LDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリメント

悪玉コレステロールを下げる食べ物ならこれがおススメ

悪玉コレステロールを下げるためには、運動・睡眠・食生活とよく言われますが、その中で毎日欠かすことのできない食べ物について考えていきましょう。
悪玉コレステロールを下げる食べ物として一番おススメなのが「タウリン」を含む食べ物です。理由はコレステロールを処理する為には肝臓機能が強くなければならず、タウリンを多く摂取することで肝臓機能が向上し、コレステロールの処理に繋がるということです。タウリンを多く含む食べ物として挙げられるのが、主に魚介(特に魚の血合い)、カキやホタテなどの貝類です。
次におススメなのが「食物繊維」を多く含んだ食べ物です。代表的なものに、大豆やごぼう、きのこ類や海藻といった食べ物が挙げられます。自炊しないから摂取は難しいという人でも、コンビニで海藻サラダが気軽に買えます。
上記2つから考えてみると、お肉中心の洋食から魚に野菜中心の副菜が揃う和食に切り替えることが悪玉コレステロールを下げるために大事だと言えます。
自炊はしない、食事は全て外食だという人には難しいかもしれませんが、そんな人への最後のおススメはずばり「乳酸菌」です。毎日乳酸菌を摂取している人は悪玉コレステロールが減少したというデータも出ています。乳酸菌と言えばヨーグルトですが、最近では乳酸菌入りを強調したドリンクが多数出ているので飽きずに摂取することが可能です。
美味しく楽しく悪玉コレステロールを下げていきましょう。
手軽にということならサプリ面とが便利だと思います。

HDLコレステロールの増やし方について

禁煙、運動、肥満はHDLコレステロールの増やし方に必要なことです。特に食生活では中性脂肪値を適正にすることが必要で、重要なポイントはHDLコレステロールの増やし方は血液中の中性脂肪を減らすことです。
赤ワインはHDLコレステロールを増やすことができます。赤ワインには抗酸化物質のポリフェノールが含まれていて、ポリフェノールはHDLコレステロールを増やすことができるのです。また、大豆イソフラボンも良い成分です。大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きに似ており、女性ホルモンは悪玉コレステロールの数値を減少させる働きがあり、大豆イソフラボンを摂取すると女性ホルモンの作用と同様の働きをするため悪玉コレステロールを減らしてHDLコレステロールを増やすことに繋がるのです。
食べ方でもHDLコレステロールを増やすことができます。食べ過ぎず腹八分目を心がけ、1日3食で食事の時間を規則的にします。良く噛んでゆっくり食べて寝る2時間前は食べないようにします。
食事以外に運動も効果的です。運動は有酸素運動が有効で、有酸素運動ではジョギングなどがあります。有酸素運動といってもジョギングのように走らずにウォーキングも効果的です。ウォーキングは1日歩く歩数が多ければ多いほどHDLコレステロールの値が高くなります。

動脈硬化とコレステロールの深い関係

血管は3つの層でできています。実際に血液が通る内膜、その外側に中膜、そして一番外側が外膜です。動脈硬化は動脈の一番内側の内膜に血液の成分などが溜まり血管の伸縮がなくなったりこぶのような隆起になったもです。動脈硬化はコレステロールと大きな関係があります。コレステロールは血液の中にある成分で善玉と悪玉の2種類があります。善玉は血管内にある余分なコレステロールを肝臓に運ぶ役目をしています。一方悪玉は肝臓からコレステロールを体全体に運ぶ役目をしています。どちらも体には必要なものですが、2つのバランスがくずれると大変なことが起こります。悪玉が増えるとたくさんのコレステロールを肝臓から取り出し体中に運ぶようになります。そして善玉が処理しきれなくなり、余ったコレステロールが血管に沈着します。すると血管に傷がつき、その隙間からコレステロールや血液の成分が血管の内膜に入り込み、どろどろの物質になってしまいます。これがこぶ状になって血管を通り道をふさいだり、血管の伸縮機能をなくしたものが動脈硬化です。悪玉を増やさないようにすることが必要です。悪玉を多く含んでいる食べ物を制限したり、スポーツなどで体を動かすことを習慣付けた規則正しい生活をこころがけることが大切です。

 

LDL(悪玉)コレステロールを下げるサプリ


このページの先頭へ戻る